沿革

昭和25年  1月 大阪市福島区海老江中3丁目に光洋ばね製作所創業
昭和30年 10月 大阪市福島区海老江中3丁目に自社工場竣工
大阪市福島区大開町に大型ばね専用工場竣工
昭和36年 11月 二光発條株式会社に社名変更、設立
昭和37年  8月 資本金200万円に増資
新型ばね製造機械導入
昭和39年 10月 大阪市福島区海老江下2丁目に第二工場竣工
昭和40年  1月 資本金300万円に増資
焼き入れ炉、重油炉から公害対策として大阪ガスより大型ガス炉を導入
昭和42年  3月 大阪市此花区木場町に第二工場移転
大阪市福島区海老江8丁目に本社業務移転 及び本社工場とする
昭和50年  9月 資本金500万円に増資
新型コイリングマシン及び大型研磨機導入
昭和55年  1月 板バネ部門設立
昭和60年 10月 2TONデジタル試験機導入
昭和63年 12月 資本金1,000万円に増資
平成2年  2月 本社及び工場の増築
製品試験室完成
平成5年  11月 切削部門設立
平成7年  11月 大阪府知事表彰
平成9年  10月 焼き入れ炉及び焼き戻し炉、旧設備老朽化に伴い新規設備導入
平成12年  3月 シャーリング機導入
平成16年  4月 5TONデジタル試験機導入
平成17年  4月 日本ばね工業会西部支部、支部長表彰
平成18年  6月 コマツ製、80TONプレス導入
平成20年  4月 特急品対応の為、冷間コイル部門設立
平成21年  9月 大型研磨機、旧設備老朽化に伴い新規設備導入
平成23年  9月 量産ばね対応の為、細冷間コイル部門設立
平成25年  8月 経済産業省、平成24年度ものづくり・試作開発等支援補助金に採択される。
平成27年  6月 経済産業省、平成26年度ものづくり・商業・サービス革新補助金に採択される。
平成28年  5月 大阪府経営革新計画承認企業となる。(大阪府指令経支第1058-15)

製品紹介

圧縮コイルばね
引張コイルばね
ねじりコイルばね
板ばね
ダブルトーション
線細工ばね
皿ばね
ゼンマイばね
竹の子ばね
※一例となります。上記以外もお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先はこちら

メールでのお問い合わせ
info@niko-spring.com